盗聴発見器 「バグスポッター(BUGSPOTTER)」

 

防犯・護身 トップ > 盗聴・盗撮発見器 > 盗聴発見器 「バグスポッター(BUGSPOTTER)」

盗聴発見器 「バグスポッター(BUGSPOTTER)」 盗聴発見器 「バグスポッター(BUGSPOTTER)」 盗聴発見器 「バグスポッター(BUGSPOTTER)」 盗聴発見器 「バグスポッター(BUGSPOTTER)」
盗聴発見器 「バグスポッター(BUGSPOTTER)」 盗聴発見器 「バグスポッター(BUGSPOTTER)」 盗聴発見器 「バグスポッター(BUGSPOTTER)」 盗聴発見器 「バグスポッター(BUGSPOTTER)」
拡大画像

盗聴発見器 「バグスポッター(BUGSPOTTER)」

価格 : 59,000円(税込 63,720円)
数量
 

10500円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

★盗聴器発見器に関しては特殊な商品のため、
たとえ未開封であっても返品などの対応はいたしかねます。
あしからずご了承のうえお買い求め下さい。★
■盗聴器を、おとり捜査で発見!?

 バグチェイサープラス、バグピンガーと同メーカーより、従来の盗聴発見機とは仕組みが異なるプロ仕様の上位機種が登場しました。その名も「バグスポッター(BAG Spotter)」。この「バグスポッター(BAG Spotter)」は、本体より発信するスキャン音を盗聴器に拾わせ、仕掛けられていた盗聴器が反応して発する電波をキャッチすることで盗聴器を識別する発見方式を採用しております。「盗聴器」と「盗聴器以外の電波」を区別する機能を働かせるために、ボリュームを大きくして使用する必要性がございます。

 この特殊は発見方法は、従来の盗聴器発見機よりも、より盗聴電波の受信がはずれにくいという特性があるため、発見しやすい方式です。さらに、ラジオモードじより、実際に盗聴器が仕掛けられているお部屋の音声などを受信し聞く事も可能ですし、さらにLED表示の点灯の変化によりおおよその距離も特定。より発見性が強くなっております。主に3段階の音と操作で、プロ仕様ですが、初めての方にも簡単にお使いいただける設計です。

 受信周波数は50〜2,000MHz帯と、広範囲の探知を行うことが可能です。1,200MHz以上は感度低下の可能性はございますが、ごく一般的な盗聴電波を捕えるには十分。操作性もよく、簡単に取り扱うことが出来る初心者の方にもお勧めできるプロ仕様盗聴器発見機です。

★バグスポッター★
■発見方法
  • 本体上部の「ツマミ」を右へ回し、ボリュームを最大近くまで上げる。
  • アラームLEDが左側ひとつが点灯します。
  • 本体左側面のスキャンボタンを押す。
  • 1秒間隔でスキャン音が鳴り、盗聴電波のスキャン(走査受信)が開始されます。
  • 電波の存在を知らせう識別音がなります。(「ピーッ ピーッ」という音)
  • 実際に盗聴器と識別された音声を発見した場合には、「ピピピピピピッ ピピピピピピッ」という警告音が鳴ります。「ピーッ ピーッ」という音のみの場合には室内に盗聴器がないという事になります。
  • 警告音が鳴った際に、本体上部の中央部にあるラジオモードボタンを押します。
  • 盗聴器が拾った室内の音が、「バグスポッター(BAG Spotter)」の本体から聞こえます。
  • 部屋内を歩き回ると、LEDの点灯が変化し、7個点灯している場合は約30cm以内に盗聴器が仕掛けられていることがわかります。
  • ある程度の近距離まで近づくと、ハウリング音がしますので、ボリュームを絞りつつ範囲を狭め、場所の特定をします。
製品仕様
商品名 バグスポッター(BUG Spotter)
探知可能周波数 50〜2000MHz(2GHz)※ただし1200MHz以上は感度が低下
電源・消費電流 単3電池(ニッケル水素電池使用可)×4本/80mA(無信号時)
外寸 本体:117(126)x65x34mm
アンテナ:φ15×45mm
重さ 本体:200g(アルカリ電池91g含む)
アンテナ:17g
付属品 バグスポッター本体
専用アンテナ(BNC仕様)
アルカリ単三電池x4
取扱説明書兼保証書
DVDマニュアル
■注意書き
  • 仕様及びデザインは予告なく変更される場合がございます。予めご了承下さい。
  • オキシライド電池は過電圧のため使用できません。
  • FM周波数を用いる発信機には対応していません。
  • LED点滅時は電池交換の時期です。

ページトップへ