スタンダード手錠「HCS」

 

防犯・護身 トップ > 手錠 > スタンダード手錠「HCS」

スタンダード手錠「HCS」

価格 : 2,722円(税込 2,940円)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
配送方法をお選びください。

選択
DM便(送料無料)
通常便(580円)

10500円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

■オーソドックスで頑丈な、いわゆる「手錠」です。

ニッケルプレートスチールで作られた、ずっしりと頑丈な手錠です。スタンダードタイプの手錠ですが、現在に至るまでこれほど長く愛用された商品も他に類を見ません。 ロングセラーの要因は性能・価格が全てです。これからも安心して長く使用できる一品です。食い込み防止のダブルロック機能はもちろん標準装備されています。重量240g

スタンダード手錠「HCS」(私人逮捕用)
■「私人逮捕」とは?

「刑事訴訟法」に依れば、 第212条 に定義されている「現行犯人」の定義に該当する人物を発見した場合は、たとえ警察官でなくても逮捕状無しで逮捕が可能とされています(第213条)。これを一般的に「私人逮捕」と呼んでいます。ただしこの場合、逮捕後は即座に所轄の検察官又は司法警察職員に、身柄を引き渡さなくてはならないともされています(第214条)。つまり 警察でなくても、明らかな犯罪者は逮捕して警察に引き渡すことが出来る わけです。

ちなみに「現行犯人」について定義した 第212条 は以下のような条文です。

刑事訴訟法 第212条(現行犯人)

 現に罪を行い、又は現に罪を行い終った者を現行犯人とする。

(2) 左の各号の一にあたる者が、罪を行い終ってから間がないと明らかに認められるときは、これを現行犯人とみなす。

  • 犯人として追呼されているとき。
  • 贓物又は明らかに犯罪の用に供したと思われる兇器その他の物を所持しているとき。
  • 身体又は被服に犯罪の顕著な証跡があるとき。
  • 誰何されて逃走しようとするとき。
■使用上の注意
  • 手錠は個人的な印象だけに基づかず、明白な犯罪行為を発見した場合にのみご使用ください。
  • 暴行・監禁ならびに性行為での使用は厳禁です。あくまでも「私人逮捕」にのみお使いください。
  • サビを防止するため油分が付着しております。ご使用時に軽く落としてからご使用ください。
  • 製造工程の都合で、若干の傷が入っている場合があります。装飾用途には向きません。そういった理由でのキャンセルなどはお受けいたしかねます。

ページトップへ